カミソリやシェーバーなどを使った時はこんなアフターメンテが必要!

産毛を自宅で処理されている方も多いでしょう。その場合は剃刀やシェーバーでお手入れする方が多いかと思います。その時の注意点について考えてみましょう。まず処理するときの自分の健康状態を判断しましょう。体調を崩していたり、女性の方の場合生理中やその前後の時はいつもより注意が必要です。体調が悪いと抵抗力が弱っています。また生理前後やその最中は肌が敏感になっておりちょっとしたことで肌にトラブルが起こる可能性が高いからです。また日焼けした後も注意が必要です。日焼けにより肌は大きなダメージを受けています。そんな肌に剃刀やシェーバーを使ってはさらに肌を痛めてしまいます。心配な場合は体の目立たない部分を試しに処理してみて何もなければ顔の産毛処理を実行するといいでしょう。

 

自分で毛を処理するのにおすすめの方法!

処理するときはお風呂に入っている時やお風呂あがりに処理することをお勧めします。お風呂に入っている時や上がった後は体が温まっていて、毛穴も開いているために産毛の処理に適しているのです。また肌が滑らかになっているので剃刀やシェーバーのすべりも良いのです。逆にそれ以外の時期に処理をすると毛穴が閉じているので上手く毛が処理できなくて必要以上に剃刀やシェーバーを使って肌を痛めてしまうかもしれません。アフターケアをきちんとしましょう。剃刀やシェーバーを使った後の肌は軽く炎症を起こしています。それなのでそれを鎮静化する必要があります。低刺激の化粧水を十分につけて保湿をたっぷりとしてあげましょう。